好調臼井麗香は今週も2位タイ発進!(撮影:福田文平)

 

<北海道meijiカップ 初日◇9日◇札幌国際CC 島松コース(北海道)◇6,531ヤード・パー72>

先々週の「センチュリー21レディス」で4位タイ、先週の「大東建託・いい部屋ネットレディス」でも初日に6位タイに入るなど夏場に入り好調をキープしている臼井麗香が、今大会でも4バーディ・ノーボギーの「68」で4アンダー・2位タイと好スタートを切った。

この2週間調子を上げている臼井だが、そんな勢いをさらに加速させる出来事が2つある。1つ目は柏木一了キャディに初めてバッグを担いでもらっていることだ。柏木キャディといえば昨季今平周吾が賞金王を戴冠した際の傍らにいた男である。

「アクサレディスの1ヵ月前に宮崎に合宿していたときにお会いして、“機会があったらキャディをやってあげる”って言ってくださったのが縁です。その後、アクサの時に観に来てくださったんです」(臼井)

初タッグだが、効果を感じるには十分すぎる18ホールだった。「練習ラウンドからすごく勉強になっています。ラインも一緒に読んで、割と意見が合っています。すごくいい方ですし、助けてもらっています」。早くも息はピタリと合った。

もう一つ刺激になっているのは、渋野日向子の「全英AIG女子オープン」制覇である。渋野とは同級生。意気に感じないわけがない。「同い年の子があそこまで活躍してくれたことがすごくうれしかった」。そして先々週最終ホールでボギーを叩いて優勝を逃したことが頭に浮かぶ。「私も優勝に手がかかりそうなところであんな感じで…」。ステージは違えど『同級生ができるなら私も…』という思いにかられる。

そのためにもこの2位タイを生かさない手はない。「先週は好発進した後、落ち込んでしまった。でも、少し優勝したいなという気持ちが見え始めたので、やれることはやりたい」。上昇気流に新たな刺激を加えて、今週も20歳が話題をかっさらう。