臼井麗香がキタ!4位タイ発進(撮影:佐々木啓)

 

<センチュリー21レディス 初日◇26日◇石坂ゴルフ倶楽部(埼玉県)◇6470ヤード・パー72>

あれだけ冷夏と言われたのが遠い昔のよう。初日となった26日(金)、石坂ゴルフ倶楽部の気温は33.3度まで上昇。日も照りかなりの暑さとなるなか、臼井麗香が3アンダー・4位タイと好発進を決めた。

「全体的にチャンスが多かった」と6バーディを量産。それでも「80cmくらいの距離を一度外してしまった」とまだまだ行けた様子。好発進を呼び込んだのは、打つ前の心構えとアドレスからの考え方だった。

これまでアドレスに入ってからも、風などあれこれ考えてしまっていた。結果、それがスイングの萎縮や悪いイメージにつながり、悪影響を及ぼしていた。だが、先週、そして今週はハウスキャディにお願いしており、自分でやりきる部分が多い。それが良い方向へと向かった。

「どうしてもプロの方に任せきりになっていた部分があった。自分でやることで打つまでに全て終わらせていないといけない」と全て決めてから構えに入ることで余計な迷いがなくなった。先週ハウスキャディに慣れた部分も、大いに今日のスコアに奏功している。

首位とは2打差。まずは順調な滑り出しとなったが、「他の選手も伸ばしているので」と気を緩めるつもりはさらさらない。「一年通して調子がいいときも、悪いときもある。いいときに決めたことを実行できたら、結果も付いてきてくれると思う」。まさに今がその時だ。

(文・秋田義和)